観光情報 詳細
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
八甲田丸 (青森)
 青森港に浮かぶ、日本初の鉄道連絡船ミュージアム。青函連絡船80年の歴史や船の構造を学びながら、就航当時の状態を圧倒的なスケールで展示してます。
 操舵室やエンジンルーム、鉄道車両を搭載した広大な車両甲板など本物の迫力に圧倒されます。人気の「青函ワールド」は、高度経済成長期に突入した昭和30年代の活気あふれる青森駅前と連絡船待合室の様子をジオラマで再現しております。懐かしさとレトロな情景に誰もが魅了されます。
 1908年(明治41年)に鉄道連絡船として就航した比羅夫丸が青函連絡船の歴史の始まりです。以来80年間にわたり、青森港と函館港を結び、1億6千万人の乗客と2億5千万トンの貨物を運びました。
 1988年(昭和63年)3月31日、青函トンネルの開通にあわせ、青函連絡船の歴史に幕を下ろしました。
事務局(お問合先)
住所
〒038-0012
青森県青森市柳川1−112−15地先
TEL
017-735-8150
FAX
017-735-8170
>>観光情報一覧へ